FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

大日本帝国憲法の制定

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
ずいぶんご無沙汰しておりました。久しぶりのアップでございます。
本日は、「大日本帝国憲法の制定」の学習です。
アジア初の議会政治を可能とした近代憲法です。
では、授業の始まり。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【歴史】大日本帝国憲法の制定

注:文中の( )内は、重要語句であります。


『憲法作りの責任者は誰でしたか?』 = (1 伊藤博文 )

●伊藤の取り組みを見てみよう。

①伊藤渡欧(1882~83年)、(2  プロイセン  )憲法、ベルギー憲法など多くを学ぶ

②帰国後、(3 内閣  )制度を整える
      ~1885年、伊藤みずから初代内閣総理大臣に就任する

③次の三人が、憲法作成の中心になった。伊藤博文、井上毅、金子堅太郎である。
  三人はそれぞれが独自に憲法研究を重ねた。

『三人は憲法を作成するにあたって、何を一番大切にしなければならないと考えたでしょう?』
  
 ヒント:(  )のなかに「天皇、歴史、伝統」のどれかが入る。

◎伊藤博文
s-伊藤井上金子0001
   各国の憲法調査のためにヨーロッパに渡り、向こうの学者
   たちの講義を聞いて、大きな「ひらめき」が…

「そうか、憲法はまず、日本の(4 歴史 や 伝統 )に基づいて作ればいいのか!」

◎井上毅(こわし)
s-伊藤井上金子0002
   古事記や日本書紀など、日本の古典を徹底的に研究した結果…

「我が国は(5 天皇 )が国を統治する『君徳』によって成り立っている!」

◎金子堅太郎
s-伊藤井上金子0003
   世界中の様々な文献を調査・研究した結果…

「国家の法令を研究するには、その国の(6 歴史  )に照らし、その習慣に問い、その起こりから現在までを調べることである!」


④憲法草案の作成中、伊藤と井上で「天皇と政治の関わり方」で考え方の違いが出てきた

●伊藤博文の考え
「私の考えは、個人としての天皇は政治を運営する上で主体として関わるのではなく、精神的な拠り所であるべきです。政治の中心は あくまで内閣にあり、天皇は政治的な決断をすべきではないと考えます」

●井上毅の考え
「私の考えは、天皇は実質的に政治を運営する上での責任者であり、内閣と一体となって政治を行なうべきです。内閣は政治の中心ではなく、天皇を補佐する役割を担うのみだと考えます」


【問1】帝国憲法はどっちの考え方を採用したでしょう?
   →( 伊藤 ・ 井上 )だと思う

【問2】帝国憲法で、天皇の権力は?
   →[ 強い権力がある・ちょっとある・全くない ]と思う


『次の条文に鍵があります』
 ※ 第3条、第4条、第5条、第55条、第57条


《つづく》
スポンサーサイト
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
line
line

FC2Ad

line
ひとつポチッと


教育・学校 ブログランキングへ

line
プロフィール

服部 剛

Author:服部 剛
授業づくりJAPAN横浜《中学》の代表・服部剛です。中学校社会科教師です。
授業づくりJAPANは、授業実践を通して「国を思い、先人に感謝し、卑怯をにくむ日本人」「日本人の自由と真実を守るために戦うことのできる日本人」を育てます。
横浜・神奈川の志ある先生の参加をお待ちしています!
メルマガを購読すれば会員になれます(登録は下のリンクから)。
個人的な連絡はコメントからどうぞ。

line
カテゴリ
line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
リンク
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
いらっしゃいませ
line
検索フォーム
line
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。