fc2ブログ

平安文化「かな文字を考える」


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
  ブログ「授業づくりJAPANの『日本人を育てる授業』」
  メルマガ「授業づくりJAPANの『日本人を育てる授業』」   
           よろしくお願いします。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

平安文化「かな文字を考える」

平安時代の「かな文字の発明」の授業です。

場合によっては、奈良時代の万葉がなの学習で発展的に扱うことも可能でしょう。

先行実践はさいたま市の齋藤武夫先生です。
http://aokihumu.blog69.fc2.com/

多少、改編してあります。

授業ではプリントを使用し、以下の( )内は空欄になっています。

◆ 発問 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
クイズです。
町でたまに見かける次の写真の文字は、
ある漢字をくずしたものです。
何と読みますか?

〔ヒント〕
( )には、次のどれかが入ります。
  左  者゛ 茂  久  奈
  登  多゛ 楚  古゛
◆ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~


漢字をくずした文字

a生そば
       ↓   ↓    ↓
       ↓  ( )  (者゛)〔ひらがなの元になった漢字〕
       ↓   ↓    ↓
       き  ()   () 〔ひらがなで〕


bだんご
     ↓   ↓    ↓
    (多゛) ↓   (古゛
     ↓   ↓    ↓
    ()  ん  (

という感じの要領で、以下の問いも解いていきます。

cさくらもち

左  久
さ   く
  ら

dおてもと

     茂  登
お て  も  と

eうなぎ

  
う  ぎ

『漢字は中国から伝わりました。

しかし、これだけでは日本語を正確には表せません。
だって、中国の漢字には「音読み」しかありませんから

さて、私たちのご先祖様はどうしたでしょうか?』

(つづく)

スポンサーサイト



line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
ひとつポチッと


教育・学校 ブログランキングへ

line
プロフィール

服部 剛

Author:服部 剛
授業づくりJAPAN横浜《中学》の代表・服部剛です。中学校社会科教師です。
授業づくりJAPANは、授業実践を通して「国を思い、先人に感謝し、卑怯をにくむ日本人」「日本人の自由と真実を守るために戦うことのできる日本人」を育てます。
横浜・神奈川の志ある先生の参加をお待ちしています!
メルマガを購読すれば会員になれます(登録は下のリンクから)。
個人的な連絡はコメントからどうぞ。

line
カテゴリ
line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
リンク
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
いらっしゃいませ
line
検索フォーム
line
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line