FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

道徳「柴五郎中佐」勇気ある行動④

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
ブログ「授業づくりJAPANの『日本人を育てる授業』」
メルマガ「授業づくりJAPANの『日本人を育てる授業』」

       ご支援、お願いします。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
無数の弾丸を受け無惨な姿の鶴が城(カラー合成)


柴五郎中佐の人間形成に関わるエピソードをひとつ。

小生は、はじめてこの話を読んだ時、
会津の人々の心情を思い、落涙しそうになりました。

柴五郎中佐の少年時代、戊辰の役前夜のことです。

【陸軍大将・柴五郎の追憶】
(葦津珍彦『天皇―昭和から平成へ』より抜粋)

会津藩では慶応四年の春のころには、すでに朝敵として天下の大軍を迎へて、敗戦を覚悟で戦わねばならないと武家の子女たちも予期してゐた。

柴五郎が、その年の「ひな祭り」の印象的な風景を書き残してゐる。

彼の母は、緋の布をしいて段を設け、内裏様、三人官女、五人囃子など華やかにならべて、優雅なぼんぼりに明かりをつけた。
世情は騒がしさを感じさせたが、家の内は例年のとほりの華やかな、しかも静かな風景だった。(中略)

幼少の五郎は、ひな段の前で聞いた。
「母上、内裏さまは天子様と聞くが誠ですか」と。
母は子の眼を見つめて、ただうなづいた。

五郎は天子様を、このように祭り敬ってゐるのに、なぜ会津が朝敵として討たれねばならないのかと質したかったけれども、その時の母の表情にきびしさを感じて、黙ってしまったと追憶してゐる。


この母は、会津落城にさいして、その子に家を継がせ会津の名誉回復の使命を果たさせるべく田舎へ疎開させた。

そして自らは家に火を放ち、娘を刺して武夫も及ばぬけなげな最後の自刃をとげた。

この最後の日を期してのかの女の、くる日、くる日の生活の記録は、名門会津藩の文化を想わせて、いとも優しくして静かである。(中略)

かの女は「朝敵」の汚名を浴びせられても、それは第二義的政治党派の悲劇的な混乱のためで、お内裏さまは、天下の祭り主として、やがては会津藩の名誉も回復して下さる日の必ず来ることを確信した。

だからこそ、落城と自刃を予期しながらも「ひな祭り」のお内裏さまを拝んだし、幼い子にその名誉回復の使命を託して彼岸へ行った。(中略)

ただ華やかにひな段を作り、ぼんぼりに明かりをつけて、子らとともにお内裏様に手を合わせて祈った。

子供の質したいことを敏感に察したが、未だ学ぶところの少ない子らに愚痴などはいはない。
ただ優美な顔に一瞬きびしさを示して、その子の晩年にいたるまで消え去りがたい深い痛切のセンスを教へた。

ここに日本武士の本当の教育がある。(中略)

優雅にしてきびしい母の眼ざしは、かれの長い生涯の導きとなった。


(引用おわり)

この母ありて、柴五郎中佐があるのですね。
また、武士道の精華の一つは、間違いなく会津にあったと確信した次第です。


【参考文献】
■『ある明治人の記録―会津人柴五郎の遺書』石光真人(中公新書)
■『守城の人―明治人柴五郎大将の生涯』村上兵衛(光人社NF文庫)
■『天皇―昭和から平成へ』葦津珍彦(神社新報ブックス)
■『北京籠城日記』柴五郎、服部宇之吉(東洋文庫)
享保雛




スポンサーサイト
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
ひとつポチッと


教育・学校 ブログランキングへ

line
プロフィール

服部 剛

Author:服部 剛
授業づくりJAPAN横浜《中学》の代表・服部剛です。中学校社会科教師です。
授業づくりJAPANは、授業実践を通して「国を思い、先人に感謝し、卑怯をにくむ日本人」「日本人の自由と真実を守るために戦うことのできる日本人」を育てます。
横浜・神奈川の志ある先生の参加をお待ちしています!
メルマガを購読すれば会員になれます(登録は下のリンクから)。
個人的な連絡はコメントからどうぞ。

line
カテゴリ
line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
リンク
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
いらっしゃいませ
line
検索フォーム
line
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。