fc2ブログ

平安文化「かな文字を考える」②

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
  ブログ「授業づくりJAPANの『日本人を育てる授業』」
  メルマガ「授業づくりJAPANの『日本人を育てる授業』」   
           よろしくお願いします。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


平安文化「かな文字を考える」(つづき)

青い空 赤い花.jpg

『この写真「あおいそら あかいはな」を書き表す場合を考えてみましょう』

■中国語の書き方■

 《青空赤花》

『音読みしかないので「セイクウセキカ」になってしまいます。
 (本当の中国語の発音は違いますが、仮に)
そこで日本人は漢字の「音」を利用することにしました』

■日本の文字の書き方■

①《安於以曽良 安加以波奈》

 音読みで日本語の音を表す。

『これは「万葉がな」という「かな文字」です。
日本語の音だけを表すために用いられました。
漢字の持つ意味は無視しています。

大事なことは、これで
日本語の音すべてが文字で表せるようになった
ことです』

(余談)
最初にやったクイズの字は「変体がな」と呼ばれているかな文字です。

もともとは、ひらがな・変体がなの区別はなく、みんな好き好きに使っていました。
明治になって、ひらがなの字体が今のものに統一された後に変体がなと名付けられました。
いずれにせよ、漢字の音で日本語を表したのです。

『それにしても、漢字だから画数が多くて書くのが大変ですね。
そこで、万葉がなをくずして、新しい文字を発明しました。
「ひらがな」「カタカナ」です』

②《あおいそら あかいはな》

 発明されたひらがなで表す。

 《アオイソラ アカイハナ》

 発明されたカタカナで表す。

『いま私たちが用いているひらがなは、万葉がなから派生しました』
f万葉仮名

『カタカナも漢字の一部を取り出して、作りました』
gカタカナ表

『しかし、かな文字ばかりだと読みにくいですね。
そこで日本人は
「漢字かな交じり文」
を考えだしました』

③《青い空 赤い花》

 「漢字の意味を日本語読み(訓読み)+かな」で表す。

『これは、すごい荒業です。
外国の文字を自分の国の言葉で読んでしまうのですから。
たとえば…』

「dog」と書いて「いぬ」と読む。
「go く」と書いて「いく」と読む。

『ちょっとありえないでしょ。
これと同じことをあらゆる言葉に応用して、自在に使いこなしていったのが日本人なんです。
こんな民族は、なかなかいないでしょう』

(余談)のちに、日本人は「音読みで形成された熟語」も多用するようになって、日本語の幅を広げていくようになります。
例えば
「紺碧の空 真紅の花」など。

『平安時代、男性の多くは中国語を使えることがエリートだと思っていました。

漢字を「真名(まな)」と呼び、日本文字を「仮名」と呼んで馬鹿にしていたのです。

それに対して、女性は頭が柔らかく、日本の言葉で考え、日本の言葉で気持ち表すことを大切にしました。
そして、かな文字で素直に自分の感情を表現し、「文学」を生みだしました。

その素晴らしさに感動して、やがて男たちも仮名を使うようになりました』

【まとめ】

●ひらがなは ( 漢字をくずして ) できた。
●カタカナは ( 漢字の一部を使って ) できた。

  → これらの「かな文字」は  ( 日本 ) の文字である。


終わり

スポンサーサイト



line

平安文化「かな文字を考える」


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
  ブログ「授業づくりJAPANの『日本人を育てる授業』」
  メルマガ「授業づくりJAPANの『日本人を育てる授業』」   
           よろしくお願いします。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

平安文化「かな文字を考える」

平安時代の「かな文字の発明」の授業です。

場合によっては、奈良時代の万葉がなの学習で発展的に扱うことも可能でしょう。

先行実践はさいたま市の齋藤武夫先生です。
http://aokihumu.blog69.fc2.com/

多少、改編してあります。

授業ではプリントを使用し、以下の( )内は空欄になっています。

◆ 発問 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
クイズです。
町でたまに見かける次の写真の文字は、
ある漢字をくずしたものです。
何と読みますか?

〔ヒント〕
( )には、次のどれかが入ります。
  左  者゛ 茂  久  奈
  登  多゛ 楚  古゛
◆ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~


漢字をくずした文字

a生そば
       ↓   ↓    ↓
       ↓  ( )  (者゛)〔ひらがなの元になった漢字〕
       ↓   ↓    ↓
       き  ()   () 〔ひらがなで〕


bだんご
     ↓   ↓    ↓
    (多゛) ↓   (古゛
     ↓   ↓    ↓
    ()  ん  (

という感じの要領で、以下の問いも解いていきます。

cさくらもち

左  久
さ   く
  ら

dおてもと

     茂  登
お て  も  と

eうなぎ

  
う  ぎ

『漢字は中国から伝わりました。

しかし、これだけでは日本語を正確には表せません。
だって、中国の漢字には「音読み」しかありませんから

さて、私たちのご先祖様はどうしたでしょうか?』

(つづく)

line
line

line
ひとつポチッと


教育・学校 ブログランキングへ

line
プロフィール

服部 剛

Author:服部 剛
授業づくりJAPAN横浜《中学》の代表・服部剛です。中学校社会科教師です。
授業づくりJAPANは、授業実践を通して「国を思い、先人に感謝し、卑怯をにくむ日本人」「日本人の自由と真実を守るために戦うことのできる日本人」を育てます。
横浜・神奈川の志ある先生の参加をお待ちしています!
メルマガを購読すれば会員になれます(登録は下のリンクから)。
個人的な連絡はコメントからどうぞ。

line
カテゴリ
line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
リンク
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
いらっしゃいませ
line
検索フォーム
line
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line